自分に合った転職をするために

転職エージェントは3つのポイントを押さえて選択

転職エージェントは転職をバックアップしてくれる仕組みであり、東京でも様々なエージェントが存在していて無料でサービスを受ける事が出来るものです。

 

転職エージェント選択にはいくつかのポイントを押さえる事が有効活用のコツになりますが、3つのポイントに絞り込むならば、

 

①転職希望業種に特化した業者選び
②複数業者を比較
③複数業者に登録

 

これらを押さえて利用する事が望ましいと言えます。

 

営業職ならそれに特化した業者があり、その中でも複数社がありますからサービス内容を比較し、その上で絞りこんだ複数業者に登録しながら活動が有効です。

 

 

タイプによって違う転職エージェントの特徴

転職エージェントには得手不得手があり、

 

★営業職の転職に強い所、
★技術職に強い所

 

という形で、さらに細かく分けていく事が出来ます。

 

ですから、どのようなタイプの転職エージェントに登録するべきかと言えば、
自身の転職希望業種へのパイプを持っていて、適切なアドバイスや採用実績のある所が望ましく、希望業種タイプにより選択するエージェントの特徴は変わるものです。

 

 

複数エージェント登録が有利な理由とは

エージェントを選ぶ時には、転職希望業種に特化した業者をリストアップし、その中でも複数業者を比較検討しながら相性の合う所を選びます。

 

転職を進めていく過程では、まずは一社だけに登録ではなく複数業者に登録が望ましいです。

 

営業職転職が有利で実績がある業者をいくつか見つけたとして、それらを比較して最も良さそうな所を選択しても、実際に担当者との相性等もしっくり来ない事もあります。
やはり複数社を選択しながら進めていく事が必要になります。

 

転職エージェントからの提案を全て信用して鵜呑みにしない

転職エージェントは転職に必要なアドバイスを送ってくれますし、希望する職場のタイプに合う所を提案してきてくれたりするものですが、担当者とのコミュニケーションが上手く取れていない場合は、機械的にマニュアル通りにアドバイスを送ってくるだけの可能性もあります。

 

ですから全ての提案を鵜呑みにせずに、基本的には自発的に情報収集しながら、転職エージェントにサポートしてもらうスタンスが安全です。

 

東京の営業職のように膨大な求人があるタイプの職種は、特に企業や仕事の方向性との相性が鍵を握りますから、事前情報収集は自発的に行う事も必要になります。

 

 

転職ミスマッチを産む要因を知って対応

転職ミスマッチを産む要因はいくつかありますが、いずれにしても企業の理念や方向性も知ろうとせずに、漠然と職種や給料待遇だけで決定する事です。

 

前職での人間関係に不満があるという理由だけで転職しても、結局は転職先で同じ失敗をする可能性もあります。

 

特に営業職のように個人プレーではどうにもならない職種では、転職先企業が業界でどの位置づけで、今後どうなりたいか、そこに自分がハマるのか・・・まで考えておくと、ミスマッチを防げます。